スポンサーリンク

【2018】京都のお花見スポットおすすめ4選

京都のおすすめ花見スポット

古き良き日本の面影を残すことで、

多くの人に愛される京都。

春になると、咲き誇る桜で美しいピンクに染まります。

風情ある雰囲気のなかで楽しむ桜は、

京都ならではですよね。

今回は京都のおすすめ花見スポットをご紹介。

スポンサーリンク

 円山公園

京都花見スポット

アクセスはこちら

八坂神社の横にある円山公園は、

京都市内最古の歴史ある公園で、

京都屈指の桜の名所でもあります。

ソメイヨシノやシダレザクラ、

ヤマザクラなど約680本の桜が園内に咲き誇り、

3月下旬~4月中旬までお花見が楽しめます。

なかでも、「祇園の夜桜」

として親しまれるシダレザクラは圧巻で、

夜には、ライトアップとかがり火の明かりの中で、

幻想的な姿を見せてくれます。

京都の名所にしては珍しく、無料で入園できて、

料亭や茶店に座って

ゆっくりとお花見を楽しめるのが嬉しいですね。

醍醐寺

京都花見スポット

アクセスはこちら

醍醐寺は、世界遺産と言うだけでなく

、日本の桜の名所100選にも選ばれているお寺で、

「花の醍醐」とも呼ばれています。

豊臣秀吉が愛し、「醍醐の花見」が行われたことでも有名で

、現在でも多くの人でにぎわいます。

カワヅザクラから始まり、

シダレザクラ、ソメイヨシノ、

ヤマザクラ、ヤエザクラ、

三法院の太閤しだれ桜と、

比較的長期間にわたって

1000本もの桜の贅沢な競演が楽しめますよ。

なかでも、樹齢100年を超える京都市内最古のソメイヨシノと、

三法院の太閤しだれ桜は必見です。

哲学の道

京都花見スポット

アクセスはこちら

哲学の道は、

若王子から銀閣寺道までの約2kmにわたる場所です。

西田幾多郎などの文人が

思索にふけりながら散策したことが名前の由来になっており、

日本の道100選にも選ばれています。

春には、ソメイヨシノなど約500本の桜が咲き誇り、

美しいピンクのトンネルを作ります。

水面に映る桜や、

散った花びらで浮かび上がる花いかだも、

とても風流ですね。

京都の寺社仏閣を回りながら

ふと立ち寄れるのも嬉しいポイントです。

背割堤の桜

京都花見スポット

アクセスはこちら

背割堤は、

桜の並木道が約1.4km続いていて、

満開時の桜のトンネルが素晴らしく、

全国的にも人気の高いスポットです。

春になると桜が咲き誇り、

ほのかなピンク色に包まれる美しい国営公園。

桜並木を高さ約25mから一望できる、

360度ガラス張りの展望室を備えた

「さくらであい館」があり。

また、

2018年3月31日~4月10日は背割堤まつりが開催され、

お花見船も運行されます。

まとめ

京都のおすすめ花見スポット、いかがでしたか?

有名な場所でも、騒いだり酔っぱらったりする人が少ないので、

昼も夜もしっぽりと桜を鑑賞できるのが、

京都の名所の特徴です。

静かに大人のお花見を楽しみたい方は、

ぜひ訪れてみて下さいね。

スポンサーリンク

フォローする