スポンサーリンク

第二種電気工事士資格を独学で受験。結果…

趣味で第二種電気工事士の資格試験を受けてみました。

全くの素人、ただの40代のおっさん、学力もそんなに高くはない、

どちらかと言えば低い私ですが、

結果、全て独学で一発合格しました。

有料の講習など利用しなくても、独学で十分合格できます。

私も最初は講習など受講しようかと考えていましたが、

講習などはほとんど土日開催なので、

土日が休日でない仕事をしている場合、そもそも日程が合わない。

日程が合った所で鬼嫁が講習代を出す訳ない。

通信講座も調べてはみたものの、結構なお値段。

多少の不安はありましたが、終わってみると楽勝でした。

スポンサーリンク

独学で合格するためには

第二種電気工事士の試験は難易度も低く全く難しくありません。

全くの素人が独学でも3ヶ月も勉強すれば合格できます。

試験は筆記試験と技能試験があり、

筆記試験に合格すると、技能試験に進むことができます。

筆記試験は高校卒業程度の知識で十分理解できるものです。

理解できなくても、

合格するだけなら過去問を何度もやっておくだけで大丈夫。

技能試験は、配線図を見て時間内に完成させるだけなのですが、

問題が前もって13問公表されていて、

その中から出題されますので、

ただ練習し、慣れておくだけで難なく合格できます。

受験勉強中はよく、

筆記試験よりも技能試験の方が難関というのを見かけましたが、

筆記試験さえ合格できれば楽勝だと思います。

ただ、問題があらかじめ解っているのに落ちてしまう方もいるのですが、

緊張しちゃって、ありえないミスでもしたのでしょう。

練習さえしておけば普通に合格できます。

合格する為には、

筆記試験は過去問10年分くらいを解きまくる or 丸暗記。

技能試験は練習しておくだけ。

第二種電気工事士の合格率は?

筆記試験が約60%・技能試験が約70%と高い合格率

電気技術者試験センターより発表されている合格者数を見てみると、

平成28年度 上期
筆記試験受験人数   74,737人、合格者 48,697人、 合格率 65.1%
技能試験受験人数   62,508人、合格者 46,317人、 合格率 74.0%

平成27年度 上期・下期合計
筆記試験受験人数 118,449人、合格者 69,704人、 合格率 58.8%
技能試験受験人数   84,072人、合格者 59,441人、 合格率 70.7%

平成26年度 上期・下期合計
筆記試験受験人数 105,528人、合格者 62,272人、 合格率 59.0%
技能試験受験人数   78,881人、合格者 57,751人、 合格率 73.2%

という具合で、他の年も大体同じような合格率で、

上期の方が若干高くなっている傾向があります。

ただ、技能試験受験者には筆記試験免除者の数も含まれており、

1回目で筆記試験・技能試験、両方に合格する一発合格率は少し下がります。

筆記試験免除者数が定かではないのですが、

筆記試験合格者数に技能試験合格率を掛け、筆記試験受験人数で割ると、

一発合格率

平成28年度 上期  48.2%
平成27年度 計 41.6%
平成26年度 計 43.1%    となります。

とはいえ、筆記試験約60%、技能試験約70%
という合格率に変わりはなく、難易度の低い国家資格です。

スポンサーリンク

フォローする