スポンサーリンク

【第二種電気工事士】筆記試験勉強におすすめの テキストと過去問

第二種電気工事士 筆記試験

受験申込みが終えましたら、筆記試験の勉強をするのですが、

テキスト(参考書)と過去問題集は必須です。

何種類か出ておりますので、

本屋で見比べて見て解り易そうなものを

チョイスすればいいのでしょうが、

どれを選んでいいのか解らないという事もあるかと思います。

実際、私も本屋で何種類か見比べてみたものの、

どれがいいのかサッパリでした。

スポンサーリンク

おすすめの参考書・過去問

結局一番解り易そうなテキスト、

すい~っと合格と同シリーズの過去問、2冊購入しました。

すい~っと合格は人気がある様で、

丸暗記ノートなる物も付属しており、おすすめできます。

ページ構成も理解し易いもの(点数を取りやすいもの)

から順に構成されており、素人の方には特に読みやすいと思います。

過去問もよく出る問題がまとめて掲載されていますので、

これ1冊あれば、過去問は不要かも知れません。

過去問は後から思えば買う必要は無かったですね。

文庫本サイズなので、電車通勤の方々には通勤退勤時を利用して

勉強するのには丁度良いサイズなのですが、私はマイカー通勤。

10年分を系統別にまとめて並べ変えてあるので、

私には使いにくく感じました。

それとサイズ的に仕方ないのですが、

図面問題の図面が小さくて、非常に見づらいです。

なのでほとんど使用しませんでした。

通勤中など外で見るとか、

苦手な問題を集中的にやりたい時などは

使いやすいと思いますし、おすすめできます。

過去問買うなら、年度別に問題の順番を変えずに

実際の筆記試験問題をそのまままとめたもの

があるのでそちらを購入したほうが良いかなと思います。

実際に購入はしていませんが、

自宅で勉強する時は、こちらの方が使いやすくておすすめです。

少しでも費用を抑えたいなら

過去問購入後に気づいたのですが、試験センターで公開されてます。

購入した過去問はほとんど使用せず、

これをプリントアウトし、解答用紙を自作し、

実際の試験形式で時間測りつつ14回分やりました。

プリントアウトは職場でやったのであれですが、

結構な枚数あるので自宅でプリントは面倒なので、

画面で問題を見ながら解いていくという手もあります。

ただ、このやり方だと間違った問題の正解を調べるのに

参考書などで一々調べないといけないので、非効率ではあります。

市販されている過去問は、全問に何故この答えになるのか

解説が付いているので、勉強はし易いです。

私みたいにセコくなければ、

過去問は購入する事をお勧めします。

第二種電気工事士 筆記試験に合格する為の勉強方法
私も受験の時は色々調べたのですが、どこを見ても過去問・過去問・過去問。実際合格した私が思うのは、やはり過去問。過去問をしっかりやっておくだけで余裕で合格出来ます。
スポンサーリンク

フォローする