スポンサーリンク

花粉症歴32年の私がおすすめする花粉症対策

花粉症対策

花粉症歴32年といえば、
人生の7割以上を花粉症と付き合ってきました。
というと、年がバレてしまいますが…。

そんな私がおススメする花粉症対策をお伝えします。

スポンサーリンク

花粉症対策―出かける前のおすすめ

まず朝起きてからすること。

服を着替え、顔を洗い、歯を磨く。
食事を済ませ職場に向かうため家を出ますが、
出かける前に必ず行う「儀式」があります。

それは、鼻をかんだ後鼻の穴に薄く
「ワセリン」を塗る事です。

ワセリンはできるだけ柔らかいタイプのものを使います。

人前では決してお見せできる代物ではありませんが、
やり方は、ソフトタイプのワセリンを
綿棒にゴマ粒大のものを片方の鼻に入れ
ぐるっと鼻の中を1周回します。

もちろん、もう一方の鼻も同じように塗ります。
そうすることで、鼻の粘膜の乾燥を防ぎ
日中を快適に過ごすことができます。

これはここ2年くらい前からやってますが、
なかなか効きます。

私はそれに加えガーゼマスクとゴーグル眼鏡をして
出かけるようにしています。

花粉症対策―帰宅してからのこと

花粉をたくさんつけて帰宅するので、まずは玄関の外で花粉を払います。

中に入ってからすぐに、花粉用の洋服ブラシが置いてあるので
服全体をブラシで撫でます。

そしてすぐに入浴して体中についた花粉を洗い流します。

ここで花粉を完全に落とすことで
部屋の中に花粉を持ち込むことを防ぎます。

また、花粉症の時期はどうしても肌が荒れやすいので、
保湿を十分に行います。
私の場合、体にはオリーブオイルを塗ることが多いです。

また、乾燥の激しい所や、耳の穴には
薄く伸ばしたワセリンを綿棒につけ塗るようにしています。

ワセリンは皮膚科でも処方される位肌に優しく、
私の肌にも優しくなじんでくれます。

お風呂上りにはR-1ヨーグルトを飲み、
腸内環境を整えるようにしています。
ただしR-1ヨーグルトを毎日飲むのは
費用を考えると少し負担がかさむので、
私の場合ヨーグルトメーカーで作るようにしています。

洗濯物や布団は全て乾燥機などを使い、
天日干しをしない代わりに、少しでも清潔に使用できるよう心がけています。

まとめ

テレビで話題になったり、
ドラッグストアで新製品が紹介されたりすると、
すぐなんでも試していたので、花粉症には随分お金を使いました。

今も新製品はチェックする癖がついていますが、
最近はシンプルが一番!とワセリンには随分お世話になっています。
皮膚にもお金にも優しいワセリンは、
花粉症歴32年の私がおすすめする一番の花粉症アイテムです。

スポンサーリンク

フォローする