スポンサーリンク

朝起きるのが苦手?私が克服した方法

克服した方法

朝起きるのが苦手な方、
もしかすると、簡単な方法で克服出来るかもしれません。

私は今では毎朝スッキリ目覚めていますが、
昔はそれはもう起きるのが苦手で苦手で、
目覚めてからも30分くらいはボーッとして、なかなか動けない。

目覚ましはセットしているものの、
鳴った事にも気付かず、朝寝坊も日常茶飯事。

遅刻も頻繁にしていて、上司からも叱られるより、
呆れられていました。

結婚してから、妻に無呼吸症候群じゃないかと言われ、
色々なグッズを試しても全く効果が無かったのですが、
ある日、妻に言われた方法を試した所、

目覚めスッキリ。今までと全く違う目覚め感。

それ以来、朝起きるのが全く苦にならず、
頭痛もほとんど無くなりました。

そんな方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

睡眠時無呼吸症候群とは?

代表てきな症状として、

睡眠時

  • いびきをかく
  • いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる
  • 呼吸が止まる
  • 呼吸が乱れる、息苦しさを感じる
  • むせる
  • 何度も目が覚める
  • 寝汗をかく

起きた時

  • 口が渇いている
  • 頭が痛い、ズキズキする
  • 熟睡感がない
  • すっきり起きられない
  • 身体が重いと感じる

起きている時

  • 強い眠気がある
  • だるさ、倦怠感がある
  • 集中力が続かない
  • いつも疲労感がある

といった症状があるのですが、
私の場合この中の12個、あてはまる症状がありました。

本来、睡眠中に脳と身体を十分に休息させるのですが、
睡眠中に呼吸停止が繰り返されることで、身体の中の酸素が減っていき、
酸素不足を補おうと、身体は心拍数を上げます。
本人は寝ているので気付かないのですが、
脳も身体も断続的に覚醒した状態になるので、十分に休息できない。
結果、強い眠気や倦怠感などが引き起こされます。

睡眠時無呼吸症候群を克服した方法とは?

おそらく睡眠時無呼吸症候群だったであろう私が克服した方法。

それは、寝る時に口にテープを貼るのです。たったそれだけ。

それだけで、朝起きるのが苦手だったのが、
毎朝スッキリ目覚め、グッスリ寝た感があり、
ほぼ毎日、頭痛があったのですがそれも無くなりました。

これをやり出してから今まで10年間、
朝起きるのも全く苦にならず、遅刻も無くなりました。

いびきは今でもかいているみたいですが、
口にテープを貼るようになってからというもの、
睡眠の質が良くなったのでしょう。
寝起きが毎朝気持ちいいとさえ感じる様になりました。

たまたま私がこの方法が合っていただけかもしれませんが、
もし、睡眠時無呼吸症候群の症状にいくつか
心当たりのある方、是非とも試してみる事をお勧めします。

どんなテープを貼るのか?

口にテープを貼ると言ってもピンと来ないかも知れませんが、
要は、寝ている時に口を塞げばいいのです。

どうも、口呼吸というのがよろしくないらしく、
口呼吸になるから、当然起きたら口も渇く。

ドラッグストアなんかに売っているものもありますし、

私は100均のサージカルテープを縦に
チャックの様に7枚貼って塞いでます。

朝起きるのが苦手な方、一度お試しあれ。

スポンサーリンク

フォローする