スポンサーリンク

【熱中症対策】エコなクールビズ! ネッククーラーって効果あるの?

ネッククーラー

毎日暑いですね~。

クーラーをガンガンにつけられる環境にいればいいですが、

職場だとなかなかそうも行きませんよね。

そんな時、見た事ありませんか?

ネッククーラー。

首に巻いている紐のような物です。

水に浸して首に巻くと清涼感を感じ暑さをしのぐ便利グッズです。

値段も100均からと、とてもリーズナブル。

その効果はどれほどなのか調べてみました。

スポンサーリンク

何故首を冷やすのか?

首には太い血管が通っています。

単純に言えば

太い血管が皮膚の近くを通っているので血液を冷やし易く、

その冷やされた血液は体中をめぐって行きます。

その為、体を冷やすのにとても効果的と言われています。

ただ、余り冷やしすぎると逆に頭痛を起こしてしまう場合があるので

冷たいからと言って氷などを使う場合は気を付ける必要があります。

ですが気化熱を使って冷やす位でしたら大丈夫らしいので、

まさしくネッククーラーは打ってつけではないでしょうか。

本当に冷たいの?

ネッククーラーは大きく分けて保冷剤を入れる物、

水で濡らして気化熱を使って冷やす物の二種類があります。

保冷剤を入れるネッククーラーはタオル地の物が結構多いようなので、

冷えすぎるのが苦手な人は少し厚めの生地の物を選ぶのがいいと思います。

実際使ってみると、思ったよりも気持ちよい事に驚かされます。

個人的には冷たい時の装着感よりも、

少しぬるくなってきた時にも

サラッとしている感じの物を選ぶ方がいいかなと思いました。

ぬるくなってきた時の不快感はちょっと耐え難い物があります。

日光の当たる場所や風がない時などは、ぬるさを特に感じるようです。

逆に風の吹く所や屋内などはとても気持ちいいです。

持続時間は天候や個人差に左右されてしまうので

はっきりとは言えないのですが、

ぬるくなっても水を付ければ冷たさは復活するので、

水を調達できる場所にいるなら余り考えなくてもいいと思います。

意外とすごく濡れていた方が冷たいのかなと思いますが、

ちゃんと絞った方が肌触りもよく、

気持ちよさが長続きするような気もしました。

冷たさの持続時間の長さを考えるなら

保冷剤の方が長く温度も低くて気持ちいいです。

ただ、水で濡らす方はまた水で濡らせば冷えてきますが、

保冷剤の方は冷えた保冷剤と入れ替えないと

ずっと温いままなので使用時の事を考えて選ぶのがいいと思います。

おしゃれ的にどうなの?

ネッククーラーのデザインは、細長い紐のような感じの物が多いですよね。

おしゃれな物…と言っても柄が多少変わる位で、

余りデザイン的に代わり映えしないようです。

本当にファッション的に優れているという物は余りない…

というのが現状のようですね。

用途が今の所、スポーツや仕事、

家庭内での使用と言う所に重点を置いているからでしょうか。

ただスポーツで使用したいという方は、

アディダスやミズノなどスポーツメーカーからも出ています。

なかなかシンプルなデザインで使っていても、

変に目立たなく且つ冷却時間も通常より長くなっているので

ぜひそちらを使ってみる事をお薦めします。

ネッククーラーのメリット

・値段がリーズナブル。

・一度購入すれば維持費用は殆ど必要ない。

(水で濡らすだけか保冷剤を冷やすだけ)

・薄くて軽い。かさばらない。

ネッククーラーのデメリット

・持続性に若干問題あり。(気候などで効果が薄れる場合も)

・水に浸し直したり、保冷材の入れ替えが地味に面倒くさい。

・スポーツや外仕事にはいいが、おしゃれ感は余りない。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

実際の使用感は個人差があると思いますが、

個人的にはこれからも利用して行こうと思いました。

少し温くなった時の不快感が気になりましたが、

それはもう少し自分に合う生地の物を選ぶ事で解消できるのではないかと思います。

子供には結ばないタイプもありますので、

子供に紐状の物を付けるのが心配なママさんは

そういうタイプの物を選ぶのもいいかも知れません。

ネッククーラーをしていれば万全と言う訳ではなく、

付け焼刃的な感じがしなくもないですが、

あるのとないのとでは全く違います。

熱中症対策の一つの選択肢としてレジャーなどにも利用してみては如何でしょうか?

もちろん水分を取るなどの他の対策も必要です。

スポンサーリンク

フォローする