スポンサーリンク

新たな大型連休キッズウィークはいつから?来年2018年4月スタート

キッズウィーク

新たな大型連休、

キッズウィークが2018年4月より実施されるようです。

プレミアムフライデーに続く、愚策。

ではなく、消費喚起策。

有給休暇の取得を促して、休み方改革を進め、

観光需要を分散させようという事らしいですが…

スポンサーリンク

キッズウィークはいつ?

地域によって異なります。

自分の地域のキッズウィークがいつになるのか、

どうせ休めないとは思いつつも気にはなりますね。

具体的な事はまだ決まっておらず、

6月以降に「休み方改革官民総合推進会議」

を開き、具体的な議論がはじまるとの事。

キッズウィークとは

5月24日の総理の発表によると、

家庭や地域の教育力を高めるためには

特に大人が子どもに向き合う時間を確保することが必要なので、

地域ごとの学校休業日の分散化を図る

キッズウィークなどの取り組みを進めるらしい。

現時点で解っているのは、小・中・高校などの

夏休み最後の平日5日間を減らし、減らした5日間を替わりに

他の月の平日に振替え、前後の土日と合わせて

9連休にしようというもの。

削るところは夏休みに限っていないみたいですが、

学校が1週間丸々休みになるので、

政府のお偉いさんが、キッズウィークと名付けられたようです。

休日が増える訳ではありません

新しい大型連休、キッズウィーク創設とか、

まるで1週間、休みが増えるのかと思いますが、

学校の夏休みを5日間削って、違うどこかの月に持って行くだけ。

新たに休日が増えるわけではありません。

キッズウィークいつ?

キッズウィークは、地域によって異なるとの事で、

自分の地域のキッズウィークがいつになるのかは、

まだ決まっておりません。

キッズウィークは成功するのか?

プレミアムフライデーは、皆さんご存知の通りですが、

今回のキッズウィークはどうなるのでしょうか。

大人も休める様に、政府が強く企業などに要望するらしいですが、

そもそも、大人が休めないでしょう。

プレミアムフライデーの月に1回、

金曜日の早上がりすら出来ないのに、

そんな方達が1週間休めるとは到底思えないですね。

キッズウィークに休めるような大人って、

そもそも、キッズは関係無いような…。

また、1部の人達にしか関係ないような気がしなくもありません。

政府が言うように、

キッズがいる家庭の大人も休めるのなら、

GWみたいにどこに行っても混雑しているという事もないでしょうし、

海外旅行などにも行きやすく、

GWはゆっくりして、キッズウィークにお出かけしたくなりますね。

大人が休めたらですが。

スポンサーリンク

サービス業の方はまた忙しくなるだけ?

サービス業の方はどうなるのか。

また忙しくなるだけという意見も多いみたいですが、

全国一斉のプレミアムフライデーよりは、

希望が持てる場合もあるのではないでしょうか。

GWなどと違い、全国的に一斉に休みではなく

地域によって異なるため、

広範囲の地域から出勤しているような職場で、

同じ職場でも人によってキッズウィークが違うといった場合、

たまたま、うまい具合に従業員のキッズウィークが

分散されるような職場であれば、

会社のトップの考え次第では休める可能性もあるかも知れません。

かなりレアなケースだとは思いますが。

しかし、現実問題として

サービス業全般、人手不足で困っているのに、

1週間も休めるとは思えませんけどね。

仮に休めたとしても前後の土日は休めませんので、

サービス業の人達にとって、9連休はありえない。

よくて、5連休止まりでしょう。

前後どちらかの土日を奇跡的に休めれば、7連休もいけるかも?

でも、そうそう奇跡は起きないので、

5連休なら、わずかに希望はあるかも知れませんね。

まとめ

新たな大型連休、キッズウィーク。

キッズの休みを分散して観光需要を分散とか言ってますが、

大人が休めなければ全く意味がない。

大人の休みを分散できないことには、中々難しそうですね。

分散以前に休めないですけど。

地域ごとに分けるというのが、

どの程度の範囲で分けるのか解りませんが、

いっその事、学校単位で分けてしまえば

より分散して、大人も休みやすくなるとは思いますが、

どうなることやら…

スポンサーリンク

フォローする